+66891418442

レーザー裁断機 AL-レーザー 1810FP

レーザー裁断機 YL 1810TF60

特長

  • X-Y軸にレーザー誘導ミラーを搭載
  • ピンチロール方式
  • ステンレスメッシュベルトを採用
  • 2ヘッド時、加工形状が同一の場合2つの加工を同時に行う
  • 廃棄ダクト ブロワー方式
  • 冷却装置の水は清涼水で可能
  • ヘッド部の高さ調整により焦点の範囲を変更すことが可能
  • 各、パワーの調整はダイアルにて調整可能
  • ユーザーレベルでレーザーチューブの交換が可能
  • X-Y サーボ制御

仕様

データ入力 PC:Windows XP
I/O:USB2.0高速データ転送方式
ソフトウェア 出力形式:SmartCarver Setup3.016 CM、PN、TM、日本語対応
入力サポートする形式はPLT、BMP、DXF、DSTなど
使用環境 温度:0~45℃ 湿度:5~95%(結露しないこと)
電気使用 単相 200V/単相 100V 消費電力4-5KW
重量 350-400kg OEMメーカーはISO-9001取得
備品 ミラークリーナー/ツールセット

機械仕様

加工可能範囲
裁断/彫刻
AL-1810 :1800X1000
AL-1610 :1600X1000
コンベアーバッチ送り機構
1ヘッド及び2ヘッド仕様
操作パネル 液晶操作方式

レーザー仕様

レーザーの種類 Co2 60W ガラスチューブ
出力 7-60W 定格 60W
冷却方式 水冷式 SL-1/(SL2 2ヘッド)
光学レンズ ZnSe 日本製
オプション ペン/強力ブロワー日本製

精度関係

制御モーター(X-Y) ステッピング独製
裁断速度(m/分) 0-30
彫刻の速度(m/分) 0-40
反復精度(mm) (±0.05)
加工材料厚さ(mm) 0-10

特長

  • ・ゾーンバキュームで裁断エリアを分けることで、裁断、ピックアップ、素材のセットアップ作業を同時に実現可能です。
  • ・レジプロ式ナイフ裁断方法を採用し、裁断精度がより高く、スピードアップも実現しました。
  • ・故障時の自動診断機能を持ち、操作性も向上しました。
  • ・カーブラインや裁断線の隣接距離に応じて、スピードを自動調整可能です。
  • ・ヒールカット、オーバーカット機能を設定することにより、コーナー部分に切り残す現象がありません。
  • ・安全レバー装置を搭載することで、裁断時の安全性を確保。

仕様

技術仕様 AK-S0909
(W×L)mm
有効裁断面積
900×9000
最大裁断高さ(真空吸引後) 5mm
最大機械速度 60m/min
電源 三相AC380V/50Hz/22Kw
エアー源
(乾燥且つ綺麗なエアを圧縮)
0.55MPa、60L/min
裁断方法 レシプロ式ナイフ裁断
CADとCAMの接続方法 ネットワーク/バーコード/外部メモリ
研磨システム ホイール式
機械重量 1600Kg

実際お客様のご要望応じて、有効な裁断面積をセッティングが可能です。
標準有効長さ:6m、9m、12m
標準機種以外に、お客様のご要望に応じたオーダーメード可能です。